出産してからお腹の脂肪がてんこ盛り

出産してからお腹の脂肪がてんこ盛り

出産してからお腹の脂肪がてんこ盛り

女性は出産すると体形を戻すのが大変だと言われますが、実は私も御多分にもれずそうでした。育児中は赤ちゃんを抱いたり、世話で食べる暇がなかったりでなんとなく体重が増えるのは抑えられていましたが、お腹の脂肪だけは落ちることはありませんでした。

 

子供をベビーカーに乗せて散歩をしていると「お二人目ですか?」と声を掛けられることもあり、恥ずかしくていつも大きめのダブついた服を着ていました。けれどユルユルの服を着ているためかお腹の脂肪は鎮まることなくどんどん膨張していくばかりです。

 

子供が小学校に上がり、パートでもしようかと思った時には、元の体重から10キロ以上も増えていました。太っているためか、事務員では不採用ばかり。

 

ようやく見つけたパートは、四時間だけの食品工場でした。四時間ひたすらベルトコンベアで流れてくる製品をダンボールに詰めるだけの単調な作業。これは楽でいいわ、と思っていたら数日後、社員達が私を見て何やら話しているのがわかりました。

 

違う場所に移動かな、と思っているとその通りで、担当者が急病で休みになったので2,3日だけ資材置き場に行って欲しいということでした。資材置き場に来てみて、なぜ私が選ばれたのかわかりました。周りはみんな男子。思い資材を積み上げる仕事なので、恰幅のいい私が選ばれたのでした。四時間作業を続けると、冬なのに作業着がぐっしょり濡れる程汗をかきます。疲れても休む事が許されない、まさに過酷な現場でした。

 

3日目になると、なんだかジーンズが緩くなったような気がして体重計に乗ると、なんと3キロも減っていました。重い物を持ち上げるため知らず知らずの内に腹筋がつき、脂肪も燃焼しているようでした。今の仕事はダイエットになる。そう思った私は、より仕事に励みました。

 

数日後、もう元の所に戻っていいと言われましたが、痩せて嬉しかった私は、なんとかそこに残れるようにお願いしました。過酷な作業にも慣れ、今はどれだけ食べても太らない、お腹脂肪の少ない体形を維持しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ